Rebi

数学

【書評】数学嫌いに届け『ぼくと数学の旅に出よう 心理を追い求めた1万年の物語』

本書『ぼくと数学の旅に出よう 心理を追い求めた1万年の物語』の著者ミカエル・ロネー氏はフランスの数学者で、数学の普及に熱心に努めている。彼は2013年からYoutubeチャンネルを開設し、そのチャンネル登録者数は2019年2月現在で33万人...
まとめ

【就活生必見】社会人1年目がオススメする逆就活サイト5選

こんにちは。Rebiです。 私が働き出してから、あと一か月ほどで一年が経とうとしています。そんな私も去年の今頃は就活をしていたわけですが、今振り返ってみると非常に遠い昔のように感じます。 理系大学院生だった私は当時エンジニアを志望し、現...
寄付

【書評】『寄付をしてみよう、と思ったら読む本』~能動的寄付のススメ~

はじめに 寄付と聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろうか?例えば赤い羽根募金。小中学生のころに募金してみた記憶があるだろう。もしかすると、これが初めての寄付だったという人が意外と多いのかもしれない。他にはコンビニなどのレジの脇においてある箱で...
新書

【書評】『お金の流れで読む 日本と世界の未来』~ジム・ロジャーズによる未来予想~

概要 本書『お金の流れで読む 日本と世界の未来』の著者ジム・ロジャーズ氏は世界でも有名な投資家だ。その実績はすさまじく、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並んで世界3大投資家と称されるほどの実績を持つ。当然ながらその慧眼は白眉であり...
キャリア

【感想】『転職の思考法』~凡人に救いの手を差し伸べる良書~

「このまま今の会社にいていいのか」 本書のタイトルの一部であるこのフレーズは企業勤めをしている人ならば一度は考えたことのあるテーマなのではないだろうか。しかもこのテーマについて考えると非常に悩むことになる。転職をするのが怖いからだ。それは...
まとめ

【まとめ】2018年に観て面白かった映画を4本挙げてみた

はじめに 前回は年末ということで今年読んだ本を振り返り、その中からオススメしたい本をまとめました。 今回も年末企画ということで同様に、今年観賞した中で面白かった映画をリストアップしていこうと思います。 コンフィデンシャル 共助 この映画は...
まとめ

【まとめ】2018年に読んだオススメしたい本を6冊挙げてみた

はじめに 今年も早いものであと1週間となりました。年末が近づきつつあるので、まとめの意味をこめて今回は今年読んで面白かった本を紹介していきます。 人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている この本は今年話題になった本の筆頭で...
読書

【芋づる式】『砂糖の世界史』の関連書籍を探してみた

はじめに 先日『砂糖の世界史』の書評を書きました。書評でも触れたように、読む前後で世の中の見え方が変わる貴重な体験をすることができました。私は面白かった本があると、関連書籍を調べて読み、さらにその分野についての知識・理解を深めるようにしてい...
世界史

【書評】『砂糖の世界史』~人々の生活と奴隷の闇~

人には知られていない物語が世の中には確実に存在している。これはヒトという切り口のみでなく、ありふれたモノについてもあてはまる。 「砂糖」はいまや日本人なら口にしない日がないくらいにありふれた食品だ。しかし、砂糖が現在のようなありふれたモノ...
哲学

【書評】『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義』

人はいつか死んでしまう。 テクノロジーが発展し不死が当たり前になる世界が来るかもしれないが、少なくとも現時点においては人は死にゆく運命だ。そして、死についてはネガティブなイメージが常につきまとう。死とは悪いものであり、忌避するのものである...